バナーを作る前に~目的を持たないページへのバナー

目的を持たないページへのバナー作成

バナーや画像作成で一番やりにくいのが、目的を持たせていないページへの流入を促すバナー。これは、使える写真やキャッチコピーなどの素材が無いことよりもずっと困ると感じている作り手が多いんじゃないかと思う。

ユーザーに何をしてほしいか?が明確になっていWebページは、これという目的を確立できていないということ。

つまりバナーにおいても、一番肝心な訴求すべきポイントがボケたバナーになってしまいます。

バナーが必要な理由は?

バナーをつくりたい!設置したい!という背景には、クリック先のページで何かしてほしいことがあるから、バナーで誘導したいということのはずです。

「とりあえず目立たせたいから、バナーでも置いてみよう」では、バナーに訴求力が欠けるので成果が出ない可能性大です。なぜ目立たせたいか?なぜ目立たせる必要があるか?→「問い合わせを増やしたいから」という風に、よーく掘り下げて検討します。

そのページで、ユーザーに何をさせたいのか考える

バナーをクリックした後の飛び先のページでユーザーに何をさせたいのか、どんなアクションをしてほしいのか検討します。

・問い合わせをしてほしい

・資料請求をしてほしい

・~をダウンロードしてほしい

いろいろありますが、これらの中から1つを選んで1つのページ単位で一貫性を持たせることが重要です。

1つのページに目標が多すぎると、ユーザーはどう動けば良いのか戸惑います。

バナーという小さな画像の中では、表現できることが限られています。情報に優先順位をつけて視覚的に訴える画像を作らなければならないのがバナーです。適当になんとなくで配置したり、詰め込むことはできません。なので、コア(目的)が定まっていないと、バナー完成度も落ちるということです。

バナーを作る前にやること

バナーを置いてみよう!と思ったら、デザインよりもまず先にやることはこれ。

遷移先のページでしてほしいアクションを1つ決める。

バナーの制作はこれができてから取り掛かりましょう。

バナー以外にも応用できます

当たり前と言えば当たり前ですが、他の制作物にも使える考え方です。ランディングページ、メールマガジン、チラシなどの印刷物、などもこのように考えて作られることが多いです。

Webの施策の中で、個客別接客・ターゲティング・ペルソナ・キーワード戦略(SEO)などでも言われているように、「絞る」が重要です。

TVコマーシャルのような不特定多数の人に一方的に見せる、というやり方はWebでは集客に効き目がありません。バナーにおいても、ユーザーにさせたいアクションを「絞る」ことで、それだけでも十分良いものができます。