デザインも文章も、伝わらなければ意味がない

いきさつ

逆ギレは典型的な一方通行の情報伝達

いきなりデザインの話からは少し離れるけど、仕事でとある会社からの電話。
出てみると問い合わせの回答がこないから進捗を教えろとのクレーム。

問い合わせ管理に肝心なチケット番号が聞き取れないー>何度も聞き返すー>逆切れされたという話。

意思疎通とかコミュニケーションのツールとして一番わかりやすい例が、やはり電話だと思う。

相手の顔が見えない状況で、いろいろな情報を、正確に、失礼のないように入手しなければならない。

「コミュニケーション」の意味を再確認してほしい

情報のやりとりで重要なのは、一方的ではないこと。

電話をしてくる人は、何か目的があって電話をしてくる。

それが回答の催促なのか、見積依頼なのかはどうでもよいことで、電話の向こうの相手に何かしてほしいこと(頼み事)があるから、つまり用があるから電話してくるわけですよ。

なのに、「伝える」ことを放棄して、相手がきちんと理解できているかを確認しないまましゃべり続けたり、感情のおもむくまま早口でしゃべり倒したりしていることはないだろうか。

一方的な人に出くわすと必ず、「こいつ、本当に人と話す気あるのか?」と感じる。そしてそれ以降のやりとりがスムーズにできたという例はない。

デザインも文章も、会話に似ている

ここまで来てやっとデザインの話が登場。

デザインと、前述の電話の話のようなコミュニケーションとは、完全には一致しないかもしれない。

デザインは会話に比べて、相互のやり取りがだいぶ少ない。なので案外デザインの方が一方的になりやすい可能性はあると思う。

けれど、その「言い方」「書き方」「見せ方」で本当に見る人にきちんと伝わるのか?を念頭に置かなければならない点は、会話・デザイン・文章は似ている、と言うか、同じではないかと思う。

具体的に、
デザインなら:
その色、形、配置、バランスで、本当にわかってもらえるのか?

文章なら:
その単語、言い回し、文字数、句読点は適切か?

とにかく、相手に何かして欲しいときは、
相手の立場に立って考える必要があるのです。

受け手のことを無視して表現されたものは、どんなに見栄えが良くても、それはデザインではなくアート。

文章なら、本人にしか読み解けない日記。

会話なら、単なる独り言とでも言いましょうか。

まとめ

この手の啓発系記事はたくさんありますが、自分ばかりが優位な情報伝達になっていないか?いま一度、見直した方がよさそうです。

シンプルに言うと、「自己中はダメ」。

(この記事が読みやすいかどうかとかは、棚の上に、、)

webマーケティングでSNSを活用できてない企業が多いらしい

頑張って投稿数を増やしたり、洒落の利いた?面白そうなことを言ってみるものの、成果が出ず苦労しているようです。

アカウントだけ開設したまま放置されているとか、自己紹介の投稿のみとか。

こういう言い方は失礼かもしれないけど、空回りが非常に多いです。

軌道に乗らなくて困っている、ありそうなケース

  • xxx万件のアクセス増、とかxxxx人のフォロワー増とか、壮大すぎる目標。
  • 投稿するネタがない。
  • だれも見に来てくれない。
  • 盛り上がらない。(「いいね」等がつかない)
  • もう何をすればいいかわからない。

では、どうすれば良いのか?
どうすれば良いのでしょう~

ソリューションは非常にシンプル

これは「対策とかマーケティングとか格好つけずに、もっとシンプルにすりゃあ良いのに!」と思った結果、辿り着いた考え方。

例えば広い大海原にツイッターのアカウント(島)が無数にあるとします。

でも、この絵では島が1個しかありません。

これがそう、軌道に乗っていない法人アカウントの1つです。
どこのアカウント(島)ともつながっていない独りぼっちの孤島です。

アカウント(島)はまだできたばかりで、そこにあることも知られていません。

カモメや船(乗っている人)は、数少ないアクセス者です。

存在を知ってもらうために、存在を知らせる方法=フォロー=島に橋を架ける

本当は孤島の周辺にも、島=他のアカウントがたくさんあるはずなのです。その島とこちらの島に橋を架け、カモメや人(船に乗って)に来てもらいやすくしましょう。

SNSは横のつながりと言うように、橋があれば、お隣の島への訪問者がこちらの島へ来てくれる可能性がぐんと上がります。

まあ、偶然誰かが近くを通りがかったということも無くはないでしょうが、それを当てにしているから旧態依然と寂しいままなのです。

まずは誰かをフォローすること。

つまり、誰かをフォローしなければ誰にも見てもらえないし、存在を知ってもらうこともできません。

フォロー数よりフォロワー数を増やしたい場合でも、まずはこちらからフォロー。

あちらからの「フォロー返し」もあるかもしれません。

無人島で大声で叫んでいるだけとか、お金をかけてコマーシャル放映したって、そこが無人島なら誰も反応してくれないのはある意味当然。

盛り上がるとか、キャンペーンとか、広告とか、そういうのは、見てくれる人がいて初めて成立するもの。

具体的な活用方法を考える前に、まずは自分の島(アカウント)に人を呼ぶことから始めるべきです。

法人だから「取引先との契約形態が…」とか「そんなことをしては失礼なのでは…」と気になるのであれば、本社がある市区町村とか都道府県の公式アカウントとか、無難なところからスタートすれば良いではないですか。

そう、まずは自分からフォロー。
スモールスタートで、「いいね!」からでも良しとしましょう。

あとがき的な背景

文字通り、わかってない人が多すぎるという実態を目の当たりにしました。
SNSマーケのプロでもコンサルでも何者でもないけど、使い方をよく知らないまま導入して、使い方を知らない運用例の多いことと言ったらまぁ。。

それと、webは過去の経験とか年功序列が通用しない、ある意味素晴らしい世界だと個人的に思っています。
デジタル世界でのコミュニケーションには年齢も性別も、社会的な地位も関係ないし、そういうもの。

管理職だけを集めて「snsを有効活用してブランド認知の向上を図るミーティング」なんてやる暇があったら、たまには新卒の意見も聞いてみればいいんじゃないでしょうかね。

そう言えば昔、「新卒は給料泥棒」「まだ数に入ってない」などと言われたことがあるのを思い出しました。

SNSを使ったマーケティングでは、管理職よりも新卒のほうがよっぽど有用ということがあり得る時代になっています。

意外と間違っているhtmlタグの読み方(一部タグ以外も有)

スク―とかなんだとか、動画勉強サイトで演説をしているようなすごく有名な先生とか凄腕のエンジニアさんでさえ、思わず「えっ??」と思ってしまうような読み方をなさっていて、なんだかカッコ悪いというか(失礼)、、残念に思うことがあります。

ITの世界では(なんてITの全てを知り尽くしているかのように偉そうに言ってますがw)、基本的な用語の起源は全て英語で、htmlのタグの語源もその例外でなく英語です。

日本のこの「web」という業界でどれだけの人がhtmlのタグを正しく読めているでしょうか?

※ここでの「正しく読む」の意は、htmlのタグ(語源となった英単語の本来の意味とタグの役割)をある程度正確に知り、可能な限り英語の音に近いカタカナ音に落とし込んでいるか?を指します。

まず、目も当てられない明らかな間違い。

href

正:「エイチレフ」

誤:「ハーフ」「フレフ」など

「ハイパー リファレンス(hyper reference)」の略で、リファレンスは参照・参考という意味。

つまり、h+ref = エイチ+レフ → エイチレフ

「フレフ」なんて、hを「フ」と読んでしまうことが謎で仕方ない。無理やりhの音をカタカナに当てはめるとしたら、どちらかというと「フ」ではなく「ハ」に違いと思うのだが。

この間違いが一番多いかもしれない。

src

正:「エスアールシー」

誤:「サルク」「スラク」などなど

srcは「ソース(source)」の略で、源・出典・根源という意味。

参照したい画像などのファイルの源、つまり出どころはどこかを示すためのタグ。(厳密にはタグとは言わないけど説明は割愛。)

b

正:「ボールド」

誤:「ボルドー」「ビッグ」

「ボールド(bold)」は太く、丈夫という意味。

厳密にはbの次の「ol」の部分が「ォゥ」と聞こえるので、必ずしも「ー(伸ばす音)」でなくて「ボルド」でも正解だと思います。

「ビッグ」ってのには噴き出してしまったことがありますが、そんな人もいるんですねえ。

「ボルドー」は色の名前か地名(有名なワインの産地)ですね。

width

正:「ワイズ」「ウィズ」

誤:「ウィドズ」「ウイドス」など…

これはれっきとした英単語です。「wide(幅)」という英単語がありますが、その仲間と考えればよいです。

ただ、webではhtml以外にもJavascriptや他の言語を書く人と一緒にお仕事をすることもあろうかと思うので、with(~と一緒に)と混同されやすい「ウィズ」ではなく「ワイズ」と読んで区別した方が誤解もなく、できるヤツ感が出ます。

間違っても「ウイドス」とか言わないように。

height

正:「ハイト」

誤:「ヘイト」「ヘイグト」「ヘイグヒト」などなど…

これもれっきとした英単語です。

数字の8をエイトと読むように、「gh」は発音しないのですよ。

「ヘイト」って言うと「hate(~を嫌う)」になります。

:hover

正:「ホバー」「ハバー」

誤:「エイチオーバー」「フバー」「フーバー」

これもれっきとした英単語です。

ホバリングって言いますよね(ヘリコプターなどが宙に浮いた状態を維持すること)。それと同じでマウスカーソルが何かのうえにホバリングしている状態を指すcssです。

そして英語のhoは「ホ」ではなく「ハ」に近い音に聞こえるので、少しおませな感じもしますが「ハバ―」でも有りだと思います。

「エイチオーバー」って「エイチ」って何のhでしょう。

「フーバー」なんてのは、もっての他です。

google Chrome

正:「グーグル クローム」「グーグル クロム」

誤:「グーグル チャーム」「グーグル コーム」

これは業界的に間違っている人を探す方が難しいのかも。

日本人は「クローム」か「クロム」かに分かれるものの、「クローム」の方が多い様子。

以下は間違っているというより、語源(元々の意味)を知らずに使っている人が多いもの。

a

語源:「アンカー」

「アンカー(anchor)」は碇(いかり:船から降ろすアレ)という意味。

船とリンクとは関係なさそうですが、日本語的な解釈としては打ち付け、基準、固定と考えるとイメージしやすい。

illustratorでベジェ曲線を書くときの点も「アンカーポイント」と言い、その点を基準点に曲がり具合を決めるという役割。

htmlでは参照先(リンク、ジャンプするので移動)との基準点・参照元という理解で良いかと。

p

語源:「パラグラフ」

pは「パラグラフ(paragraph)」、段落という意味。

話の段落、節(せつ:第1節、第2節…など)などのように、話の1つのまとまりの最小単位。

よって、pの中に改行タグを何個も入れたり、「。」を繰り返し使って長文を書くことはよろしくない。

話が少しでも変わるのであれば新しいpに書くべきで、1つのp内に「。」は1回ぐらいの気持ちで良いと思う。

ol

語源:「オーダード リスト」

ol(ordered list)つまり、番号順に並べられたリスト

先頭に数字を振りたい場合や、並んでいる順番に意味がある場合はこちらを使用。

例えば何かの順位や作業手順、など。

ul

語源:「アンオーダード リスト」

ul(unordered list)つまり、番号順に並べられていないリスト

並んでいる順番に特に意味がない場合はこちらを使用。

例えば、買い物リストでりんご、卵、ニンジン…など。

li

語源:「リスト アイテム」

li(list item)つまり、リスト(箇条書き)の各項目という意味。

list item ではなく listの「li」と覚えてもそんなに間違いではないと思う。

せっかく美しくて、素晴らしいコードを書けたとしても「じゃあ、解説してください」→「えー、(hrefを)ここのハーフは、、」なんて
恥ずかしいことを言ってしまわないようにみなさん気をつけましょに。

お前は日本人のくせに英語の何を知っているのかって?海外の主要な国には必ず一人は知り合いがいるレベルです。